気分の落ち込みやすい人へ~うつや病気になる前に試してほしい3つの回復法~


去年の私はとてつもなく気分が落ち込んでいながらも、仕事をしていました。
気を抜くと涙が止まらなくなるので、気を引き締めて自分に鞭打って働いていました。

多分ウツだったのです。

 

実家療養&気功治療&カウンセリングですっかり良くなりましたが
今でもあの頃ほどではないですがたまに落ち込んでしまうことがあります。

いつも笑顔で元気ハツラツ、ポジティブ♪な自分でいたいですが人の気分っていうのは波があります。

いい時もあれば落ち込んでしまう時もあるのは普通です。

 

だから落ち込むのはいいんです。人間だから仕方ないのです。いろいろあるのが人生です。

大事なのは、できるだけ早く落ち込みから抜け出すことです!
長引くと、こころだけでなく身体も弱ってきてダメージが大きくなります。

ネガティブな想念が病気の原因になってしまうので早めに対処しておきましょう。
【参考記事】思考と想いが病気を作る~病気の原因★邪気①~

私自身が結構考えすぎて落ち込みやすいので
「おっと!負のスパイラルから早めに抜け出さなくては!」といろいろと自分立て直しを日々やっています。

 

今回は効果的な落ち込み回復法を厳選して3つ紹介していきたいと思います。
私と同じように落ち込みやすいあなたのお役に立てますように。

 

五月人形 初節句 雄山 鎧 鎧兜 鎧飾り 子供の日 端午の節句 送料無料 甲冑 「本多忠勝公之鎧10号」 武将鎧 本多忠勝 男の子 プレシジョン ミニフィグ正規品保証

落ち込む原因って人それぞれですよね。

例えば

  • また同じ失敗をしてしまった
  • 彼女に振られた
  • 育児がうまくいかない
  • 大事な物を失くした
  • イジメ、裏切りにあった
  • 福山雅治が結婚した
  • 自分でもなんだか分からないけど落ち込んでしまう

 

五月人形 初節句 雄山 鎧 鎧兜 鎧飾り 子供の日 端午の節句 送料無料 甲冑 「本多忠勝公之鎧10号」 武将鎧 本多忠勝 男の子 プレシジョン ミニフィグ通販人気サイト

吹石一恵を許しましょう

落ち込み原因の対象そのものをまず許しましょう。

「あいつが許せない!」と一見外に対象があるように思えますが
落ち込むという気分は自分で自分を縛り付けているものなんです。

許せない対象は外側のあの人ではなく、実は自分自身 。

できなかった自分、受け入れてもらえなかった自分、言い返せなかった自分、心が狭い自分、ダメな自分、自分を許せない自分・・・

気づいてますか?

落ち込む人は、自分を責め過ぎですよ~。(>_<)

 

落ち込みから抜け出すポイント

心理カウンセラー心屋仁之助さんの言葉で私はかなり救われました。
たくさんいい言葉があるのですが、特にこの言葉は刺さります。

 

「損してもいい」

「損してもいい」と思って行動してみる
「嫌われたくないと思って、気をつかい、空気を読み、尽くしてきたのに、結局、嫌われる。おかしいなぁ・・・」
「損したくないと思って生きてきたのに、結果、損ばかり。自分ばかり損している気がする。おかしいなぁ・・・」
こういう状況になっている人は多いのではないでしょうか。
その場合、「損してもいい」「嫌われてもいい」と思って行動してみてください。
「損したくない」と思っている人ほど損するように世の中できています。
(中略)
「嫌われてもいい」「怒られてもいい」「損してもいい」そう思って、試しに行動してみてください。
「損してもいい」「嫌われてもいい」そう思って行動しているときって、腹を割って本音を言い、自分の意見や、やりたいことをやろうとしているときです。つまり「自分らしく」生きる決意をしたときです。
そんなときに、悪いことが起こるはずはないですよね。

心屋仁之助「すりへらない心をつくるシンプルな習慣 」より

 

許せないってのは何かにこだわってるんですよね。
何かに執着して手放せない状態。

だから「損してもいい」って思ってその執着を手放せると許せるようになります。

勝ちを相手に譲りましょう。

英語で許すは「forgive」。
For give ってなんだか”相手に与えるためのもの”みたいじゃないですか?

あなたが手放せずずっと大切に抱えていた物をもう相手にあげちゃいましょう。

手放すと楽になります。

 

 

落ち込みから立ち直る方法2) 話す

自分一人で抱えてため込んでるその想いを誰かに話しましょう!

これも自分の執着や思い込み、こだわりを手放す助けになります。

話す=放す ですから。

 

言えると癒える

心屋仁之助の「魔法の言葉」より

 

怖がって本当の気持ちが伝えられないから苦しい。
”言えると癒える” 心屋さんのこの言葉はすごい。見事に本質を突いています。

とことん吐き出してしまえば楽になります。

 

 

話すとき注意する大事なポイント

①話を聞いてくれる相手を選びましょう。
絶対的にあなたの味方になってくれる人、「それはひどいね!」「大丈夫だよ」などの言葉をかけて心配、同調してくれる人に話すこと。
下手に話して否定でもされたらまた落ち込んでしまいますからここは仲の良い友達、親兄弟に聞いてもらいましょう。
だれかれ構わず話してしまうと後で厄介な事にもなります。

②毎日聞かされると相手も迷惑なので、期間限定(その時だけ)のつもりで話しましょう。
その際「話を聞いてくれてありがとう」と感謝の気持ちも伝えましょう。(*^-^*)

 

 

落ち込みから立ち直る方法3) 人に大切にしてもらう

落ち込んでる時って、誰かに分かってほしいんですよね。
人に大切にされることで分かってもらった気になります。

大切にされるって何をすればいいの?かというと。

 

人に触れてもらってください。
(Hな意味じゃないですよ。それでもいいのですが^^;)

おもしろいことに
人は肌を優しく撫でられると脳(心)が落ち着くようになっているんです。

心の不調は身体からのアプローチが有効です。

ですのでマッサージやアロマトリートメントなどが個人的に超おすすめです。。
感覚器官のたくさんある顔を触ってもらうフェイシャルなんかもいいかもしれません。

施術家の人は優しい人が多いのでいろいろ話も聞いてもらえますし
終わった頃には「ま、いっか」って思えるようになります。

たまには自分を労わるためにお金を使ってもっと自分を大切にしましょう。
あなたにはその価値がありますからね。

 

 

まとめ

落ち込んだ時は落ち込んでもいいですが、いらないものを抱え込まないで
勇気をだしてそれを手放せるようにしていきましょう。

まいっか!って一度思えるようになると強くなれます。

次に同じような事が起きても乗り越えられやすくなっていますよ。

 

あなたが早く落ち込みから立ち直れるように応援しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

自己紹介

 

明日香

気功などのエネルギー療法やボディワークのアロマトリートメントを行なっています。身体だけでなくココロのことにも興味があります。気・エネルギーから見たココロが作る身体の不調、邪気、神社やお寺巡りなどいろいろ書いています。

 

2 件のコメント

  • コメントを残す コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です